マクラーレン570S試乗体験レポート

2015年のニューヨークモーターショーでお披露目され、翌年には日本にも入ってきていたものの、中々試乗の機会に恵まれなかったマクラーレン570S。

先日ようやく念願かなって試乗することができましたので、その模様をレポートさせていただきます。

 

 

マクラーレン570S

F1コンストラクターとしてあまりにも有名なマクラーレンから(ベビーカーのマクラーレンとは綴りが異なり無関係)2015年に登場したスポーツカー。

 

敢えてスーパーカーやスーパースポーツと呼ばなかったのは、メーカーサイドがトップレンジのP1や次に出るセナをアルティメットシリーズ、650Sや後継にあたる720Sをスーパーシリーズ、そしてこの570Sや540C、570GTをスポーツシリーズと称しているからです。

 

とは、いうものの中身も外見もマクラーレンが手掛ける以上は、純粋なスーパースポーツカー以外の何物でもないことは次の数値からも確かです。

<スペック>

  • エンジン:M838TE 3,799ccV型8気筒ツインターボ
  • 最高出力:570PS/7400rpm
  • 最大トルク:61.2kgm/5000-6500rpm
  • 駆動方式:MR
  • 変速機:7速SSG
  • サイズ:全長4,530mm、全幅2,095mm、全高1,202mm
  • 車両重量:1,313kg

 

 


マクラーレンは基本的にアルティメットシリーズ~このスポーツシリーズ全ての市販車において、同じ3.8リッターV8ツインターボエンジンとカーボンモノセルと呼ばれるモノコックシャシーを採用しています。

 

つまり、基本的な部分は1億円以上するようなスペシャルカーと同じものが、2千万円台で買えてしまうというお得なモデルということです。

 

この事実が上位車種の購買層にとって嬉しいかどうかはご想像にお任せします。

(なお、もう一つの英国製スーパーカーであるアストンマーティンも、内装は共有しており下位モデルにお買い得感があるものの、エンジンやシャーシに至るまで共有しているのはマクラーレンをおいて他にはありません。)

 

570Sで使用されているカーボンモノセルは、モノセルⅡと呼ばれる進化形となります。

捻じれ剛性や軽量化などの走りに関する部分のみならず、サイドシルの高さ抑制など乗降性を向上させる工夫もなされています

 

試乗

それでは、実際に試乗することで同じエンジン同じシャーシを使ってどれほどの差別化ができているのか、確認してみたいと思います。

 

訪れたのは、マクラーレン570Sに関するフェアを開催中の有明サービスセンターです。

日頃はメンテナンスやアプルーブド展示の拠点となります。(赤坂が新車ショールームやブランド拠点となっています。)

 

当日は、初期のモデルMP4-12Cや先代スーパーシリーズ650Sなどのアプルーブドの展示、色とりどりの570S、540C各クーペ/スパイダーの試乗車が準備されていました

 

挨拶も程ほどに、ターコイズが美しい570Sに試乗させていただきました。

 

側面のスイッチにタッチして、独特の形状を持つディヘラルドドアを上に跳ね上げ、少し低くなったものの相変わらず極太のサイドシルをまたいでコックピットに収まります。

 

ここで一つだけ不満なことに気付きます。シートがあまりにも平坦でサポート感が薄いのです。乗り心地や普段使いに配慮し過ぎたのかも知れません。これほどまでのスペックの車を操るにしては、体が遊び過ぎて怖いと感じました

 

特筆すべきは、エンジンパワーや情緒などではもちろんなく、コーナリング中のアクセル操作わずか数mmで姿勢をリニアに変化させるシャーシバランスや、重量配分です

 

全てが寸分の狂いなく同じベクトルを保つシャーシ剛性も、ライバル達に抜きんでている点です。

(私は常々、このシャーシにフェラーリの魂を積むことができれば、どんな天罰が下ってもいいと常々密かに祈っています。)

 

結論としては、この短い試乗だけでは上位の650Sとのキャラクターの違いを見出すことは不可能でした。同じ方向を向きながら、少し速さのレベルが違うという印象です。

 

メーカーとしては、もっと身構えずに気軽にスポーツを楽しんでほしいという思惑で設計したのだろうと想像することはできたのですが、如何せん真面目に隙なく作り過ぎて、素人が身構えず楽しめる領域を大幅に超えてしまっています

 

 

見積もり

軽~くだけ見積もりを作っていただきましたが、驚愕のプランが存在していました
今なら3年で残価70%前後、しかも3年後の買取保障まで付くとのことです。

 

このプランを使えばオプション250万円程度つけて、頭金0でも、月々の支払額は約30万円に抑えることが可能です。

メンテナンス保障もついているため、距離さえオーバーしないように気をつければ、月々30万円で最新のマクラーレンに新車で乗ることができてしまうということです。

 

もちろん、3年後に残価以上の価格で引き取ってくれる先が現れれば、差額は貯金として引き出すことも可能です。

 

 

 

720S

スケジュールの関係で試乗はできなかったのですが、720Sも展示されていました。

 

動いている姿を一目みただけで強烈に速い車であることがわかります

本当に速い車だけが放つオーラのようなものを纏っており、比喩でも何でもなくレーシングカーでした。

気後れしてしまうほどの雰囲気です。正直に告白しますと、第一印象は“怖い!”でした。

 

とても素人が操れる気がしません。これまでどんなスペシャルモデルのフェラーリやランボルギーニにもここまでの感想を持ったことはありません。手放しに喜ばしいことかどうかは別として、凄いのは確かです。

 

フェラーリ、ランボルギーニが対等に鎬を削る今、第三のメーカーとしてマクラーレンに注目が集まっているのは当然です。

この機会にぜひ一度、スーパースポーツの世界感に触れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です